【お客様の声】泌尿器科 宮崎医院様

Web面談も非常にクリアーな画面と音声で直接面談するのと相違ない打合せが出来ました。

病院
泌尿器科 宮崎医院様
https://clinic-miyazaki.com/

泌尿器科と人工透析を専門とする新たな体制での診療を

島原市にある宮崎医院様は島原駅正面口から徒歩3分、島原城を臨む場所に位置し、昭和20年より75年以上も泌尿器科と皮膚科を専門としてきた病院です。

2022年10月からは、一般泌尿器科に加えて、「がん診療」や「透析医療」の専門医でもあられる宮田康好先生(前、長崎大学病院、泌尿器科、准教授)を院長に迎えて、泌尿器科と人工透析を専門とする新たな体制での診療を始められました。

「専門的知識とこれまでの豊富な診療経験を活かした診療を行っていきます。どのような小さな悩みでもお気軽にご相談ください。」と、朗らかな笑顔で迎えてくださる宮田院長は、2003年4月から約20年間、長崎大学病院に勤務し、最先端の検査、治療に従事されてこられました。

『地域に密着した優しい医療』が医師としての原点

医師になられてからの十数年間は、小規模地方都市や離島で診療を行ってこられたそうで、そこでの経験から患者さん一人ひとりに寄り添う『地域に密着した優しい医療』が医師としての原点とのこと。

このたび、ご縁あって長崎大学病院を辞して宮崎病院の院長を引き受けられたのですが、もともと、宮田院長のお父様が島原市出身であったことや、先代の宮崎先生に若い頃から公私ともに可愛がって頂いたご縁から第二の故郷でもある島原の医療に貢献したいとの思いもあったそうです。
ますます地域に根ざした安心の医療を届ける展開となることでしょう。

駅近で駐車場を完備し、バリアフリーと送迎による高い利便性から、身近なかかりつの病院として利用できそうです。
https://clinic-miyazaki.com/

ホームページを作ろうと思ったきっかけはなんですか?

宮崎医院は、終戦直後から皮膚・泌尿器科として島原市の医療を支えてきました。
昭和50年代からは、人工透析センターを新設しさらに診療の幅を広げて来ました。
一方、このような歴史もあり、島原市内の患者さんが多かったのですが、新たな院長を迎え、さらに、泌尿器科と人工透析の専門医院になるにあたり、宮崎医院の診療内容を広く知って頂き、島原市内に限らず長崎県南地域の医療に貢献できればと思いホームページを作ろうと考えました。

制作を弊社に依頼しようと思ったきっかけは?

医療を取り巻く環境は都道府県によって異なります。そこで、まず長崎県の会社に依頼することにしました。
その後、様々な医療機関のホームページを閲覧したのですが、医院の特徴や診療内容やが適切に、かつ、分かりやすく表現されて、さらに、スマートフォンでも見やすい作りになっている医療機関のホームページ作成がエスフロストさんであったため、今回のホームページ制作をお願いしました。

佐世保・島原と地理的に離れていましたが、弊社とのやり取りはスムーズに行きましたか?

電話およびメールともにこちらからの質問や要望に迅速に対応して頂きました。
Web面談も非常にクリアーな画面と音声で直接面談するのと相違ない打合せが出来ました。面談スケジュールも複数の候補日からスムーズに決定することができ、遅滞なくホームページ制作が出来ました。

ホームページの仕上がりはいかがでしたか?

事前に渡しした原稿や資料を基に作成して頂きましたが、作成途中でも臨機応変に対応して頂き、満足のいくホームページが出来ました。

ホームページ作成サービス「オーライ!」は初期負担をお安くした月額定額制のホームページとなっていますが、このシステムはいかがでしょうか?

本院は“常連”の患者さんも多く、島原半島という特性からもホームページを見て受診される患者さんは限定的かも?という気持ちがありました。その意味でホームページ作成自体を悩んでいたのですが、初期費用が抑えられるということから、その作成を決断できました。
一方、初期費用が安くても十分に満足できるクオリティがあり、その「費用対効果」で悩まれている事業主等においては特に良いシステムだと思います。

専門性の高い、安心できる医療の提供されている宮崎医院さん。
排尿に関する症状でお悩みの方、膀胱炎かな?と心配な方は、ご相談に行ってみてはいかがでしょうか。
https://clinic-miyazaki.com/

長崎県島原市上の町869番地
診療時間はHPでご確認ください。