ネットショップ作成

新型コロナでネットショップを
始める企業やお店が急増

ネットショップとは、言葉とおり、インターネット上のお店のことを意味します。
ECサイトやオンラインショップとも呼ばれます。

自宅に居ながらにしてパソコンや、近年ではスマートフォンを通して
全国の美味しいモノや、ファッションやアウトドア、スポーツなど
さまざまな用品を購入することができます。

インターネットの広がりとともに、またスマホの普及とともに、
ネットでモノやサービスを買うことは当たり前になりつつあります。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響も後押しし、
様々な業種・業態でネットショップの開業が増えています。

では、ネットショップを開業する場合、どのようにすればよいのでしょうか。
初めての方は悩みますよね。

たくさんのサービスがあり、迷ってしまいますが、
じつは大きく3種類のサービスにわけることができます。

① レンタルショッピングカート(ASP型)
② ショッピングモール
③ 自社構築

この3種です。

フルスクラッチというゼロから完全にオリジナルのシステムを開発するタイプもありますが、開発費に数百万円~数千万円、開発期間に数ヶ月、数ヶ年とかかり、現実的ではないので、ここには含みません。

ネットショップ構築サービスの種類

ネットショップを開業するサービスは大きく分けて3つ。

この表は横スクロールします

  ① ASP型 ② ショッピングモール ③ 自社構築
サービス名 BASE
カラーミーショップ
ショップサーブ
など
Yahoo!ショッピング
楽天
Amazon
など
EC-CUBE
コマース21
など
メリット ・月額費用などの運営費が安い
・短期間で導入できる
・主要モールは知名度が高く、集客しやすい
・ネットショップに必要な機能が揃っている
・ショップのデザインなど自社オリジナルで構築できる
デメリット ・知名度が低いためモールに出店するより集客は難しい ・出店数が多いため、自分のショップが埋もれてしまう
・楽天は月額費用が発生する
・予算と時間が掛かる
・決済会社と別途契約が必要
集客の容易さ ★★ ★★★
機能 ★★★ ★★★ ★★★
費用の安さ ★★★ ★★ ★★
構築スピード ★★★ ★★

★はあくまで目安です。

出店代行を依頼するメリット

レンタルショッピングカート(ASP型)など、簡単にネットショップが作成できる
サービスが増えてきていますが、それでもやはり、いろいろな作業が発生します。

・支払方法や送料など、ショップの基本情報を設定する
・商品を登録する
・ショップをデザインする
など

やはりネットショップ初心者の方には、ショップ作りのために
それなりの時間と勉強が必要になります。

特に、ネットの知識が全くない場合や、1人でお店を切り盛りされている方や、
うちの会社にはネット詳しい担当がいないなど、あなた自身の仕事をしながらでは、
ネットショップ開設になかなか時間を作ることが難しいかと思います。
ショップ制作に時間がかかってしまい、
オープンまでに何十日も何ヶ月も経ってしまう場合もあります。

本来、あなたはネットショップを作ることが仕事ではなく、
ネットショップを早く立ち上げて「販売」することが目的のはずです。

そういう時こそ、出店代行サービスを利用することで
制作時間がカットできるため、早くショップを開店できる、
そしてその分ショップへの集客や売上を作ることに専念できるなどの
メリットが生まれます。

弊社が提供する出店代行サービス

この表は横スクロールします

  ① ASP型 ② ショッピングモール ③ 自社構築
構築方法 BASE Yahoo!ショッピング EC-CUBE
弊社
サービス名
BASE出店代行サービス Yahoo!ショッピング
出店代行サービス
EC-CUBE構築代行サービス
料金 39,800円
43,780円(税込)
120,000円
132,000円(税込)
120,000円
132,000円(税込)
詳細 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る