集客を応援するウェブページの作り方【その1】 | エスロフト

集客を応援するウェブページの作り方【その1】

集客を応援するウェブページの作り方【その1】

こんにちは、ウェブマーケティング会社エスロフト代表の藤原真治です。
今回から何回かに分けて「集客を応援するウェブページ」を解説していきたいと思います。

【内容】

    • 5つのマーケティングコンセプト
    • ウェブページ構成の概要
    • ウェブページ構成の解説
    • サンプルページの解説

まずは5つのマーケティングコンセプトで自社サービスをもう一度改めて確認してみてください。
なぜなら、それを元にウェブページを作って行くからです。

今回から解説していくウェブページをホームページの制作業者さんに依頼したら、数万円から十数万円はかかるかと思います。
もし、ご自身で更新できるホームページをお持ちでしたら、このブログを読んで、実践すれば、無料で作成することができます。

»自分で更新できるホームページ作成サービス「オーライ!」はこちら

もちろん、いくら素晴らしいウェブページを作っても、このウェブページ自体に集客させないと、サービス・商品を知ってもらうことはできませんし、ウェブページの効果も発揮できません。
このウェブページに集客する方法は、このシリーズの次にお知らせしていこうと思います。
まずはその土台となるウェブページを作ってください。

皆さまにお伝えしたいのは、この「集客を応援するウェブページの作り方」で、ウェブページを作っていただき、皆さまのサービス・商品を告知して、売上を増大させてください。

それでは、早速はじめていきましょう。

 

5つのマーケティングコンセプト

マーケティングの目的はたった一つだけ。それは、「売上をあげること」です。
それをお手伝いするのが、今回解説する「集客を応援するウェブページの作り方」です。
しかし、その前にぜひ今からあげる項目を読んでいただき、自社のサービス・商品の内容をもう一度改めて確認してみてください。とても重要な内容です。
まずは頭を空っぽにして、一つずつ自分のビジネスに当てはめながら考えてください。

◆目次

    1. お客様の目線に立つ
    2. あなたはお客様にどんな価値を提供しているか
    3. 他社にないあなたのお店(会社)の強みは何か
    4. お客様の利益
    5. 売上を上げる3つの方法

 

1.お客様の目線に立つ

まずはとっても重要なのは「常にお客様の目線に立って考える」です。
真夏の海水浴場で真冬に着るダウンジャケットを売ることはかなり困難です。
ビジネスにおいて最もお金を生み出す考えは、いい商品を作ろうとする考えではありません。常にお客様の目線に立って、お客様が欲しがっている商品を提供することです。自分が売りたい商品と、人が欲しがっている商品は必ずしも同じではありません。
つまり「人が欲しがっているモノを探して、それを販売する」ということです。
この考え方を忘れてしまうと、ビジネスはうまくいきません。
お客様目線に立って考えることはとても重要です。
新しい商品を考えるときや、チラシを作るとき、そして今から作るウェブページも、どんな時もお客様の目線に立って考えてください。

 

2.あなたはお客様にどんな価値を提供しているか

あなたのサービスや商品は、お客様にどんな「価値」を提供していますか?
あなたがピザ屋さんだとすると…
『うちはイタリアから取り寄せた小麦粉を使って、最高のトマトソースを使った絶品ピザです』と考えるかもしれません。
これは商品ありきのお店側の考え方です。
お客様は「美味しいモノ」を食べたいだけです。
その手段が今日はピザなのです。
そのお客様、明日はお好み焼きを食べたくなるかもかもしれません。
つまり、お客様にとっての価値は「美味しいモノ」なのです。
「美味しいモノ」の対価として、お金をいただくのです。

ビジネスはお客様にサービスや商品を通して、何らかの価値を提供し、その対価としてお金をもらう活動のことです。
もっと広い意味で考えると、社会貢献の対価としてお金をいただくのです。

お客様にとっての価値はさまざまです。

  • 人生を楽しみたい
  • 長生きしたい
  • 美味しい物を食べたい
  • 快適に暮らしたい
  • 他人に勝りたい
  • 世の中に後れを取りたくない
  • 愛する人を守りたい
  • 社会的に認められたい
  • より情報が欲しい
  • 好奇心を満たしたい
  • 環境をよくしたい
  • 効率よくありたい
  • 便利であってほしい
  • 美しくありたい
  • 節約したい
  • 利益を上げたい

お客様にとっての価値とは「お客様が持つ悩みや欲望の解決方法を得られる」こと。
その商品から得られる最終的な利益を買っているです。
あなたのサービスや商品を中心に考えていると、お客様にとっての価値を見失ってしまいます。

あなたはお客様にどんな「価値」を提供しいるのか、ぜひこの機会に改めてお考えください。

 

今回は
1.お客様の目線に立つ
2.あなたはお客様にどんな価値を提供しているか

をお伝えしました。

次回は
3.他社にないあなたのお店(会社)の強みは何か
4.お客様の利益

5.売上を上げる3つの方法
をお伝えしたいと思います。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

»自分で更新できるホームページ作成サービス「オーライ!」はこちら